コラム

飛翔だより

最新コラム
2019/09
バックナンバー
2019.08
2019.07
2019.06
2019.05
2019.04
2019.03
2019.02
2019.01
2018〜2016
2015〜2010
2009年以前

2019/09


盛夏にも、夕暮れになると涼しい風が吹いてくる。

「どの子にも涼しく風の吹く日かな」飯田龍太

近年、認知症で苦しむ高齢者が多い。もっとも苦しんでいるのはお世話する親族かもしれないが。前にこのコラムに書いたが、認知症になった姉が点滴不可能になり死亡した。死因は老衰でした。

認知症になった時のために財産の管理をする「成年後見人制度」が出来たのは25年ほど前と思うが、後見人が財産を着服するなどの不正が頻発し問題になったが、不正を働く者は親族が大半だが弁護士等の専門職後見人もかなり居た。

最近の後見人に選任される比率は親族30%、弁護士等70%だそうである。頼れる親族とか居ない高齢者が認知症になる例が多くなりつつある現在、2017年に成年後見人制度促進法が施行され、いま具体策を検討しているようだが、後見人は個人ではなく組織的なネットワーク等で支援する仕組み、そして監督する仕組みを作らないと中々安心して任せられる制度にはならないだろう。