コラム

飛翔だより

最新コラム
2019/01
バックナンバー
2018.12
2018.11
2018.10
2018.09
2018.08
2018.07
2018.06
2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01
2017〜2016
2015〜2010
2009年以前

2019/01


今月22日の冬至は平成最後の冬至となる。

年が明けると5月には天皇が変わり、年号も変わる。オリンピックも間近に迫り忙しい年となりそうだ。

それにしても気になるのは、気候の変動の大きさと、世界の政治、経済の変動の大きさだ。 変動は悪い変動の方が強力で、生活に大きな影響を与える。最近の寒暖の差の激しさは地球温暖化のせいだそうだが、年寄りには体にこたえる。

「アメリカンファースト」によるトランプ氏の世界に与える変動も予断を許さない。

歴史は数千年に渡る変動で科学、医学等は良い発達を遂げたが、ひとりひとりの人間にとってはどのような変動があったのだろう。戦争(殺人)の歴史であったが愛の歴史ではなかったと言える。「誰でもよいから人を殺したかった」という殺人動機はかつてなかったのではないか。

悪い世の救世主として現れたキリストはマタイ伝の中で世の終わりのしるしとして「愛が冷える」と言われた。愛を失ってはなるまい。この世が終わらない為にも。

 来年もよろしくお願い申し上げます。