本文へスキップ



TEL. 022-224-5660

〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央2-2-10 仙都会館ビル3F

会社方針・ご挨拶CONCEPT

会社及び事務所の会社方針






『 S.S.C. and H 』 により業務処理しています

   



弁護士・司法書士等と連携したトータルサービスを目指しています


ご挨拶


当事務所はこれまでの税務中心の会計事務所のスタイルから脱却し、企業を健全な成長と発展へと導く強い責任感を持つ会計事務所を目指します。
そのためには目先の利益追求に走ることなく、将来を踏まえた経営の安定的成長を計る事を最大の目標とします。
これを実践する為の経営戦略を経営者の皆様と取り組んで生きたいと思います。

経営はバランスと言われます。
 1.収益性(儲かっているか)
 2.生産性(能率はよいか)
 3.資金性(お金の不安はないか)
 4.安定性(ブレてないか)
 5.健全性(間違った事をしていないか)
 6.成長性(伸びているか)


以上が経営分析の6要素と言われていますが、最近注目されているのは5の健全性です。

老舗の企業はじめ次々と偽装、不正が明るみに出ています。そして、それらが発覚すると企業は一瞬にして崩壊します。
今こそ、企業の健全性を求められる時代はありません。企業の存立は健全性から始まると考えます。そこに企業の継続性(ゴーイングコンサーン)があります。

また当事務所の本業は税理士業務ですが、税理士は法人税、消費税等の税務業務をあたり前にこなすのは当然なことです。
しかし会社全体から見た税務、目先だけでない税務対策も重要です。
10年前の「経営承継円滑化法」が近年改定され、「特例事業承継税制」が制定され、事業承継がやりやすく、また実質を伴うものとなりましたので、是非検討すべき税法と思います。

当事務所は資産税に精通した税務OB税理士による資産税(相続税、譲渡税)部門の充実で、あらゆる相談に対応できる態勢が出来ています。

このように、当事務所はひと味違う会計事務所を目指して邁進中ですので、何なりとご相談下さい。


所長の略歴

昭和57年
仙台第二高等学校、横浜市立大学商学部を卒業後、税理士事務所勤務を経て、税理士事務所開設
昭和58年
有限会社斎藤経営設立
令和2年
現在に至る



有限会社斎藤経営/
斎藤信一税理士事務所

〒980-0021
宮城県仙台市青葉区中央2-2-10 仙都会館ビル3F

TEL 022-224-5660
FAX 022-224-5677